交流の広場

老成学研究所 > 交流の広場 > Coming Topics > たかが介護、されど介護、そして介護、しかし介護  ❶

たかが介護、されど介護、そして介護、しかし介護  ❶
交流の広場 | 2019.07.04

たかが介護、されど介護

そして介護、しかし介護

なぜ自分がこんな目にあうのか、

想像だにしなかった現実に
腹の底から叫んでしまう日々が

ほとんどの人々の介護の現実ではないだろうか。

真の問題は何なのか?

それは

お互いの  非自己生と自己生とのせめぎ合い  かもしれない…

介護を飛び越えたところの 

自己の人生、存在への揺らぎ  かもしれない…

それで悪くないのかもしれない…

それを責められはしないのかもしれない…


 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP