交流の広場

老成学研究所 > 交流の広場 > 『今、国学の呼びかけるもの』シリーズ > 「今、国学の呼びかけるもの」シリーズ ⑦ その3:「五十音図の改訂:本居宣長の説明」

「今、国学の呼びかけるもの」シリーズ ⑦ その3:「五十音図の改訂:本居宣長の説明」
交流の広場 | 2022.03.11

©︎Y.Maezawa

五十音図の改訂:本居宣長の説明

本居宣長は 1776年(安永5年)47歳の時、刊行の「字音仮名用格(じおんかなづかい)において 

平安時代以来の五十音図 「オ」と「ヲ」の場所を改訂しました。

宣長は 言葉に対し 鋭い直感力と想像力をもっており その説明を以下のように展開しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-10.png
本居宣長

「字音仮名用格」P6~P7に「おを所属辨」という記述があり、

「あいうえ」と「」、

「わゐうえ」と「」が

それぞれ同じ行に置くには、異質な音の構造をしていることに着目し、

これが誤りであること を論証しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-11.png
「字音仮名用格」の説明箇所

「オは軽くしてア行に属しヲは重くしてワ行に属す。然るを古來錯りてヲをア行に属して軽としオをワ行に属して重とす。諸説同一にして数百年來いまだ其非を暁れる人なし。…(略)

 まづ古言を以ていはば息を於伎(おき)とも通はし云これオはイと同くア行の音なる故也。…(略)                   

 居(ゐる)を乎流(をる)ともいひ多和夜女(たわやめ)を多乎夜女(たをやめ)ともいひ…。これら皆ヲはワ行なる故の通音也。…

(説明は続く)」

©︎Y.Maezawa

 つまり 

宣長は「音の置き換えは同じ行の音でのみ許される」というきまり(五音相通:現在はこの考え方は行わない)を根拠に オとヲの違い に気づきました。

「居る」という言葉は、「ヰル」とも「ヲル」とも言え、

「ワナナク」は「ヲノノク」とも言えます。

もっと現代的に分かりやすくいうなら、

「酒」は「さけ」「さか」となります。

こうした音の置き換えは、同じ行の音にだけ互いに通用するのです。

数世紀にわたって 権威をもって継承されてきた五十音図の改訂は 

このような宣長の言葉に対する特別な才能によって

成されました。

©︎Y.Maezawa

* より詳細な情報をお求めの方は是非 下記 浜松市立賀茂真淵記念館アカウントにアクセスくださいませ。

©︎Y.Maezawa

浜松市立賀茂真淵記念館 

URL: http://www.mabuchi-kinenkan.jp

※ 尚、当シリーズにおきましては、賀茂真淵に関連する資料/画像、及び内容解説に至るまで 浜松市立賀茂真淵記念館(一般社団法人 浜松史蹟調査顕彰会)の許可とご協力のもと、展開させていただく運びとなります。この場をお借り致しまして その多大なるご尽力に感謝申し上げます。


(編集:前澤 祐貴子)


* 作品に対するご意見・ご感想など是非下記コメント欄ににお寄せくださいませ。

尚、当サイトはプライバシーポリシーに則り運営されており、抵触する案件につきましては適切な対応を取らせていただきます。

 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP