交流の広場

老成学研究所 > 交流の広場 > 読物 > 【読物】記憶 ❶ 記憶生

【読物】記憶 ❶ 記憶生
交流の広場 | 2020.11.13

それは研ぎ澄まされた御影石の冷徹な冷たさだった

凍った石

循環がない温度には無しかなかった

零…

一瞬で伝わった

生き返ることはありえない

死んだんだ、と

彼は東京築地、国立がん研究センター中央病院地下の一室にオーダーメイドの背広を着て横たわっていた

こんなことがなければ1993年8月レインボーブリッジの竣工式に着用予定の背広だった

鼻筋の通った細長い顔は冷気にさらされ、しまっており

黒白がお洒落に混じった豊かな髪はいつものように少しウェーブがきいてダンデイーにきまっていた

幾分狭めではあるものの、形良い四角い額は知性を表すかのように高く迫り出していた

どこかでみたことのある映画のシーンかのように

ノロノロと広い霊安室を縦に進んでいった

鈍い蛍光灯に照らされた台上に白い蘭と濃紺の背広姿の彼がいた

近づくにつれ、茶番劇のような実感のない思いに捉われた

私はなぜここにいるのだろう?

一週間前に出産し終えた心身に全てが夢かのように思えた

これじゃ、まるでドラマじゃない?

現実に引き戻したのは触感だった。

何をしていいか、わからなく伸ばした手は

まるで熱を測るかのように

彼の滑らかに光る額に降りた

刹那で捉えた感覚

それは全ての生物に本能的に悟らせる感覚だった

文句ない死

動かせない死

教えてもらわなくてもわかる…

一つの掟だった

大腸原発肝臓癌

判明した時にはステージⅣ末期

還暦の年に 細胞が若いと言われ 半年で逝った

晩秋、最後の紅葉が鮮やかな11月の寒い朝だった

別室では生後7日目の新生児が毛布に巻かれ籐籠の中で眠っていた

生命とは温もりである

範囲のある温度

感じられる温度

石となった物体は外気温よりも更に冷たく

凍った塊となる

それが父から学んだ初めての死の認識だった

戻らない

居ない

帰らない

抜け殻の死体とやらにはもう”その人”はいなく

永遠に会えない ということを

手の感触は語った

最後の最大の教えだった

あれから数十年が過ぎた

今、さらに思う…ありがとう、と

ほんの少し背中を見せてきただけの人…

でも人間の深奥については

確かに、きちんと、示してくれた

生死の循環から外れた時

人は人でなく物体に還る

塊は人体を留めてはいるものの

最早それは物質の腐敗過程に入っている

化学的反応の進行がある…のみ

しかし その生から死へという生命の状態変化においては

医療的に一点の時刻を死としながらも

ある意味、生物学的には生体の完全死までには一定の移行過程期間があるとも言えなくはない

その間、”その者であった”ソフトを他生に物理的に全データ変換移送する存在の位相変換をすれば”その者”は消えないと言えるのだろうか?

生から抜けた死骸が最後の最後に人間だったものとして役割を果たす舞台があるとするならば

そのラストステージは遺された者ものと臨在する本人との最後の刻であり

他者の記憶に刻まれ永遠に時空間を飛び越えるための再生の舞台なのかもしれない

彼の人生を辿りなおしてみようと思う

遺されたメッセージは何だったのか

何を受け取れば良かったのか

人が繋がるとは

そういうことかもしれない

記憶に刻み

先に伝承することで

彼を再び生かすために…

記憶で生きさせる記憶生を与えるために


石は有り難い

特に秋冬の夜半から早朝の石はいい

その凍るような冷たさが確実に彼を思い出させてくれる

実感として彼を感じれる

地面を、足元をみて

忘れてはいけないこと、考えねばならないことを思い出させてくれる


彼は満州から始まった

(YASU)

* 作品に対するご意見・ご感想など是非下記コメント欄ににお寄せくださいませ。

尚、当サイトはプライバシーポリシーに則り運営されており、抵触する案件につきましては適切な対応を取らせていただきます。

 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP