交流の広場

老成学研究所 > 交流の広場 > 久保田進一の「楽しんでる?」シリーズ > 久保田進一の「楽しんでる?」シリーズ ④  映画: 「007 / No Time To Die」 

久保田進一の「楽しんでる?」シリーズ ④  映画: 「007 / No Time To Die」 
交流の広場 | 2021.10.19

久保田進一

「楽しんでる?」シリーズ

映画『007 / No Time To Die』

を観て

  久保田 進一


 先日、映画『007 / No Time To Die』を観てきました。

この映画は、本当なら2020年2月14日に全世界で公開される予定だったのですが、延期することになって日本では4月10日に公開される予定でした。

しかし、さらに新型コロナウイルスの感染拡大のために延びてしまい、日本では11月20日に公開される予定が、これもまた延期になり、今回ようやく2021年10月1日に公開されることになったのです。

まさに待ちに待っての公開でした。

 今回の007シリーズは25作目で、ジェームズ・ボンド役(6代目)は今回5作目のダニエル・クレイグです。

これまでのジェームズ・ボンドといえば、黒髪であり、胸毛がトレードマーク(『オースティン・パワーズ』(1997年公開)はパロディとして描いています)だったのですが、ダニエル・クレイグは初の金髪のジェームズ・ボンドとなったのです。

 007シリーズの原作はイアン・フレミングの作品ですが、もうすでに著者は亡くなっております。

彼が書き上げたのは小説では『カジノ・ロワイヤル』が初作品シリーズとしては全作品11作品を書き上げましたが、映画化されたのをフレミングが観ることができたのは第2作の『007 ロシアより愛をこめて』(映画化の第1作は『007/ドクター・ノオ』)まででした。

現在まで映画化は25作品ですので、フレミングの書き上げた以上のものが映画化されています。

つまり、フレミングの死後でも作品はできていると言う状況です。日本のアニメで言えば、『サザエさん』・『ちびまる子ちゃん』・『ドラえもん』状態ですね。そう言えば、先日『ゴルゴ13』の作者のさいとう・たかをさんが亡くなりましたが、『ゴルゴ13』も、このまま連載されていくということです。

良い作品は作者の死後も残っていく ということですね。

 さて、映画の内容ですが、最後は衝撃的な終わりです。書いてしまうと、ネタバレになりますので、やめておきます。

観てのお楽しみです。

この作品は、これだけでも十分楽しめますが、実は前作の『007 スペクター』から続いている話です。

そのため、

前作を見ておくと、本作の内容もわかると思います。

さらには、

前々作の『007 スカイフォール』、

前々々作の『007/慰めの報酬』、

前々々々作の『007/カジノ・ロワイヤル』

を観ておくといいかもしれません。

結局、ダニエル・クレイグの007シリーズを観ておくのがオススメということになるのかもしれません。

 また、007シリーズで見逃せないのは、アクションシーンです。

今回もこれぞアクションというものです。

いろいろと見せ場を見せてくれております。

十分に興奮できて楽しめます。

 また、ボンドガールも見逃せません。今回もなかなかのボンドガールです。

しかも二人登場してきます。

1人は前作からのボンドガールのマドレーヌ・スワン役のレア・セドゥさんです。

彼女はフランスの女優さんで、役柄もそうなんですが、守ってあげたくなる存在です。ジェームズ・ボンドのカノジョという役柄で、一度は別れるのですが、実は娘も登場し、その娘は、実は・・・。

最後は泣けてしまいますね。

もう一人のボンドガールは、パロマ役のアナ・デ・アルマスさんです。

キューバ出身の女優さんです。映画の中でも、キューバでボンドを支援するCIAのエージェント役ということで、スリットの入ったドレスからのキックはかっこよかったですね。

 おそらくダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドシリーズは今回で終わりだと思います。もし復活したら、どうやって助かったのか知りたいですね。

しかし、エンディングロールの最後には、James Bond will return. という表示が出ていたので、まだ007シリーズは続いていくと思います。

さて、このあとの007は誰がやるのか、もしかしたら、ダニエル・クレイグが再登場なのか、それとも本作で007番号が割り当てられたノーミ(ただ、ノーミ役はラシャーナ・リンチというイギリスの女優さんだったので、ジェームズ・ボンドではなくなってしまいますので、ないかな?)がやるのか、といろいろと妄想してしまいますね。

James Bond, Forever !

* 作品に対するご意見・ご感想など是非下記コメント欄ににお寄せくださいませ。

尚、当サイトはプライバシーポリシーに則り運営されており、抵触する案件につきましては適切な対応を取らせていただきます。


 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP