交流の広場

老成学研究所 > 交流の広場 > 『ART/絵画・版画』Mao Iwamoto > Mao Iwamoto 二十歳のTRILOGY ❺

Mao Iwamoto 二十歳のTRILOGY ❺
交流の広場 | 2021.07.29

以下の作品(文章を含む)はMao Iwamotoに著作権が帰属し、

掲載にあたってはご本人の許可のもとであることを

冒頭にお断りさせていただきます。

Mao Iwamoto

二十歳のTRILOGY

 ❺  

【第一部】

「小暑」

日中は暑いけれど、夜は少し涼しい気がする。

なんとなく、夏らしいことがしたくて

「線香花火やりたい‼︎」って言ってみた。

えーって言いながら、付き合ってくれた。

二人で見つめる赤い球、二つ。

揺れて揺れて、

落ちないように静かに見つめる。

©️Mao Iwamoto

夏だなあ。

(文 Mao Iwamoto)

【第二部】

「今日のバイトの賄いの話」

©️Mao Iwamoto

今回は賄いではないのですが(笑)

友達3人とバイト先に食べに行きました!

お刺身の盛り合わせ

ヒレカツ

揚げ銀杏

天ぷら盛り合わせ

焼き鳥 塩

もう大満足。美味しかったー!

【第三部】

「美大生日記」

私は大学で銅版画に取り組んでいます。

銅版画といえば、黒!というイメージが強いと思うのですが、

私はカラー刷りに挑戦しています。

©️Mao Iwamoto

こちらが先日刷ったカヌレ。

©️Mao Iwamoto

これは、梅雨の時期の気持ちを色で表現しました。

雨のじめじめした気分が、梅雨が明けて 気持ちの良い、ふわふわした気分になった瞬間です。

これからも沢山刷るぞー‼︎

制作頑張ります😊

* 作品に対するご意見・ご感想など是非下記コメント欄ににお寄せくださいませ。

尚、当サイトはプライバシーポリシーに則り運営されており、抵触する案件につきましては適切な対応を取らせていただきます。


 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP