お知らせ

老成学研究所 > お知らせ > 2023年 新年のご挨拶 & 新体制のご報告 

2023年 新年のご挨拶 & 新体制のご報告 
| 2023.01.01

©︎Y.Maezawa

謹賀新年

2023年 時が新たに刻まれる 初日を迎えました


人類の歴史は 繰り返しのような軌道に見えつつも 

それでも 円熟の方向に次元をあげ 螺旋の軌跡を辿りつつ 

次元をあげていっている…と 信じたい昨今です。


老成学研究所は 今年より 新たに歩みの速度を変えます。

Who I am

Who we are

自身 そして 我々 は 何者で 生きているのか

  

生きている という奇跡の事実

を考え、証し、求める…

その実践の有り様に 焦点を絞る段階に 本年より突入致します。

時代を共に生きる より多くの皆様方と 知恵と精神と経験を分かち合い 

力を合わせ この時代に問いかけ 次代に渡すなにものかを遺す…

そのような活動を目指します。


力の限り 生きてみる…

そんな時間の積み重ねの2023年を共に。

©︎Y.Maezawa

2023年は 老成学研究所 設立5年目となります。

そこで 【第一期 理論編】 から 【第二期 実践編】 へと 進化致します。

具体的に この激動の時代に蠢き 本流を見失うことなく 泳ぎきろうとする 各分野の覚悟ある目と力』をお伝えし 

この時代を共生する仲間同士を結びつける 知とエネルギーを結集するプラットフォームを提する役割に貢献できるならば 

これにまさる喜びと意義はありません。

©︎Y.Maezawa

また 2023年以降 その名称を通称 《老レ成 AGE⤴︎ LIVE (ロウセイ エジャリヴ)》とし、

 一般社団法人として その発信活動の主軸方針を 全分野網羅型『次代に伝承し 遺すべきもの』と致します。

成駒…日本の将棋には “成る” というルールがあります。敵陣に入り 動くと 駒は裏に返り パワーアップした働きができるようになります。

(金と王は返れなかったり 駒により パワーアップ内容は異なります)

老成学研究所の 老成 とは 順接では 「老いて成る、老いながら成る」ととります。成熟への道です。第二期 実践編では 老成 の間に 敢えて漢文のレ点(返り点)をいれました。老成 を広く異なった視点で捉えるためです。その心を「“成る”ために 老いる」と致します。

生きとし生けるものは 例外なく 必ず 歳を重ね 老います。その先には 避けることの出来ない 死 という通過区分点があります。重ねる 歳…AGE こそが 生きている実動実態です。 それは 老いる ことでありますので つまり 「生きることは 老いること」 です。

老いる意味は “成る” ためです。「“成る”ために 老いていく」ともいえます。そして 成り パワーアップして 次に繋げる…そのことは 死 という自らの通過区分点を越えた先の未来まで 次の一部として 生きれる”託し”を担保します。“次”に生き “次”の中に生きる”わけです。
これは 人類のみならず この世界に存在する生きとし生けるもの全てに共通する 織り込まれた繋ぎの仕組み…大きな連鎖生命 という一つの見方といえるでしょう。


このような願いと意識をこめ 第二期 新たに通称を設定致しました。 

老レ成 AGE⤴︎ LIVE (ロウセイ エジャリヴ)、宜しくお願い致します。

©︎Y.Maezawa

老成学研究所第一期におきましては 理論構築を目し、初代所長 森下直貴の論 老成学*を礎としスタート致しました。が その論の実践検証において フィールド調査、実態検証など…論の真の成熟に必須の課題に手つかずのまま 辞任されることとなりました。 

* 論としての”老成学”そのものについての検証も 老成学研究所が今後取り組んでいかねばならない責の一つと考えております。忌憚ないご意見も承りつつ 第二期中にその問題点・課題点を取り上げる方針です。

第二期 実践編におきましては その残された課題に取り組むこととなります。古今東西 既に 実働の場で 心と精神をアンテナに 「生きる意味の真髄を生き様で探求し 次に続く者たちのために受け渡そうと賢明に道を踏みしめている」各分野の時代人たちが心得る 自らの実践哲学を発信させていただきます。そして 「今 ここで 自身は何をする何者なのか」を思索する覚悟をお伝えさせていただけたら と願っております。そこには 最高の最大公約数が あるはずだと考えております。

©︎Y.Maezawa

尚 老成学研究所におきましては 過去第一期におきまして 法人運営義務における財務状況公開におきまして 法令的に不適切な対応がございましたことを この場をお借りしてお詫び申し上げます。  

2023年以降 通称 老レ成 AGE⤴︎ LIVE(ロウセイ エジャリヴ)と致しましては  公的法人機関として 求められる責務を果たすべく精進してまいります。今後とも ご指導·ご鞭撻のほど 宜しくお願い致します。

©︎Y.Maezawa

(記: 理事 前澤 祐貴子)

※ 2023年2月までに 抜本的なHP刷新が行われる予定です。また組織編成や今後の活動、発信内容につきましては 順次 定期的に 「お知らせ」コーナーにて報告発信させていただきます。 宜しくご了解くださいませ。

 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP