お知らせ

老成学研究所 > お知らせ > 近況報告 > 2020 08 07 浜松 防潮堤 視察

2020 08 07 浜松 防潮堤 視察
近況報告 | 2020.08.19

2020 08 07 浜松 防潮堤を視察いたしました。

東日本大震災の津波被害を教訓に静岡県と浜松市が”千年の計”に耐え得るとした防潮堤の建設工事は2013年4月の着工以来、2020年3月まで足かけ7年に及びました。

全長17.5キロ、高さ海抜13〜15メートル、最新技術CSG工法登用、総事業費330億円の『未来への託しもの』にまつわるお話は、単に災害対策だけを視野に入れたものではなく、広く現代という時代が考える人類の生きかた、自然との向き合いかた、人間の知恵の及ぶ範囲、そして人の優しさ…をもそっと教えてくれます。

当HP内”交流の広場”にてそんなお話、少しずつお伝えさせていただきます。

➡️ 交流の広場  「防潮堤  千年先への遺産」

ご期待くださいませ。


 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP