お知らせ

老成学研究所 > お知らせ > 近況報告 > 【出版情報】 2020 09 10 発売 : 中公選書 『新版「生きるに値しない命」とは誰のことか』 森下直貴・佐野誠 編著  中央公論新社 

【出版情報】 2020 09 10 発売 : 中公選書 『新版「生きるに値しない命」とは誰のことか』 森下直貴・佐野誠 編著  中央公論新社 
近況報告 | 2020.09.10

2020 09 10 中央公論新社より中公選書として『新版「生きるに値しない命」とは誰のことか〜ナチス安楽死思想の原典からの考察』が出版されました。

相模原の障害者施設殺傷事件、安楽死論争、パンデミック・トリアージ。近年、様々な場面で「生きるに値しない命」という言葉を耳にするようになった。しかし、「役に立つ/立たない」ということだけで、命を選別して良いのだろうか?100年前のドイツで出版され、ナチスT4作戦の理論的根拠になったとされる『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』の全訳に解説と批判的考察を加え、超高齢者社会の「生」と「死」を考える。  (カバー表紙裏より転載)


撮影  森下直貴


 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP