活動の実績

老成学研究所 > 活動の実績(科研費研究を含む) > 日本哲学 > 死者のリアリティ 三木清研究会シンポジウム講演 森下直貴

死者のリアリティ 三木清研究会シンポジウム講演 森下直貴
活動の実績(科研費研究を含む) | 2022.07.19


死者のリアリティ

『人生論ノート』の「死について」をどう読むか

去る6月25日、たつの市にある霞城館展示ホールにて、三木清研究会講演会ならびに公開シンポジウムが開催されました。公開シンポジウムは『人生論ノート』刊行80年を記念した企画です。私はそれに報告者の一人として参加しました。

なお、このシンポジウムは、令和3年度~令和6年度基盤研究(C)(一般) 2 1 K 0 0 0 0 6 3 、三木清の「東洋的ヒューマニズム」理念に関する研究:共生社会の哲学的基礎づけ(代表者宮島光志)と三木清研究会の共催である。

 
一覧へ戻る
© 老成学. All Rights Reserved.
© 老成学. All Rights Reserved.

TOP